2016県芸術祭 美術展が開幕 7科目の秀作2000点

茨城新聞
2016年10月9日
161008geijyutusai

県芸術祭のメイン催事である美術展覧会が8日、水戸市千波町の県近代美術館と県民文化センターで開幕した。日本画、洋画、彫刻、工芸美術、書、写真、デザインの7科目で、一般入選作品から全国的に活躍する会員の秀作まで、計約2000点が一堂に並ぶ。多ジャンルの作品が展示されにぎやかな会場に、初日から多くの鑑賞者が訪れた。

美術愛好者や県芸術祭の関係者ら家族連れも多く来場。気に入った作品をじっくり眺めたり、作家に直接話を聞いたりする姿も見られ、思い思いに鑑賞していた。

彫刻部門に2年連続で応募した石岡市の櫻井理夫さん(66)は「評価を受けると励みになる。自分が好きな作風を目指し来年も応募したい」と話し、熱心に見入っていた。

県美術展覧会会長の彫刻家、能島征二さんは「美術展覧会は、県民の初めての挑戦の場。県芸術祭の中心となって展開してきた。出展作家は、今年51年目の新たな出発を意識して制作している」と話す。

会期は10月23日まで(書は前期が15日まで、後期が16~23日)。11日と17日は休館。開館時間は、午前9時30分から午後5時。

地図 →

この付近の観光ニュース →

茨城

筑波大、県近代美術館で企画展 教員、卒業生らの作品紹介

すぐ近く
茨城

古道の活用考える 水戸で大会、活動報告や専門家講演

約190m
茨城

水戸二高コーラス部、オペラ共演へ仕上げ 19日、プラハ国立歌劇場管弦楽団と

約190m
茨城

茨城の観光 知識問う マイスター試験に345人

約190m
茨城

クリスマス気分演出 水戸でイルミネーション

約190m
茨城

千波湖畔、ロック響く 水戸で野外フェス

約710m