戦場ケ原で初霜、初氷 日光に冬の足音

下野新聞
2016年10月1日
cnts2016093000409_baseimage_r

 奥日光は30日早朝、この秋一番の冷え込みとなり、標高1394メートルの戦場ケ原で初霜と初氷が同時に観測された。昨年より3日早い。訪れた写真愛好家たちは白く染まった幻想的な景色を写真に収めていた。

 同所で長年、気象観測を続けている物産店経営鶴巻正男(つるまきまさお)さん(67)によると、付近は前夜から星空となり、放射冷却の影響で午前5時に氷点下2・5度を記録。観測用のバケツには厚さ約2ミリの氷が張った。

 戦場ケ原のミヤコザサやヨモギは霜で白くなり、男体山頂から朝日が顔を出すと、下草に付いた氷の結晶が日差しに輝いた。

動画

地図 →

この付近の観光ニュース →

栃木

白銀の世界に大輪 奥日光湯元で花火大会

約3.6km
栃木

夜通し作業、氷彫刻の制作スタート 日光湯元

約4km
栃木

奥日光のかまくらライトアップ、「雪灯里」始まる 白銀彩る幻想的な光

約4.2km
栃木

雪上の散歩楽しんで スノーシューコース開放 日光

約4.2km
栃木

勇壮に「武射祭」 上昇機運、矢に願い 日光二荒山神社

約6.4km
栃木

奥日光に無人式レンタサイクル 栃木県、今秋までの稼動目指す

約7.5km