紅葉楽しみキャンプを 高萩市、2施設アピール

茨城新聞
2016年9月25日

紅葉シーズンを迎え、高萩市は自然に囲まれた市内にあるキャンプ場の利用をアピールしている。

同市中戸川の標高約600メートルの土岳登山道の途中にある「けやき平キャンプ場」は2000年に完成。広さ約3760平方メートルに、かまど付きテントサイト14区画、屋根付き炊事棟、トイレ、避難棟などを整備。キャンプ場からは太平洋を望み、イスカやマヒワ、カスケなどの野鳥観察にも最適。土岳山頂からは360度の大パノラマが広がる。

花貫ふるさと自然公園(同市秋山)は1990年に開所。約4670平方メートルの広さで、杉木立の中にかまどが設置され、屋根付き炊事場も整備。キャンプサイトは10区画。11月19、20日には「新そばまつり」が予定されている。

市観光商工課の鈴木花奈さんは「2施設とも紅葉狩りを楽しみながらキャンプやバーベキューができる穴場的スポット」とPR。

2施設とも問い合わせ、予約は花貫ふるさと自然公園センター(電)0293(24)2331

地図 →

この付近の観光ニュース →