「刀剣」展、好評で延長 大田原の与一伝承館 来館者通常の2倍

下野新聞
2016年9月14日

 【大田原】市那須与一伝承館は開催中のテーマ展「刀剣-くろがねの美」について、来館者が通常の2倍と好評のため、会期を28日まで延長した。

 同展は7月2日にスタート。同館では通常、1日当たりの来館者数が39・8人だが、9月5日までの同展開催期間は77・8人に上った。このため、当初9月11日までとしていた会期を28日まで延長することにした。26日は休館。

 同展は、那珂川町の鷲子山上(とりのこさんしょう)神社で約150年ぶりに発見され、水戸徳川家からの拝領と伝わる葵紋入りの「短刀 銘 備前守源祐国」など38点の刀剣を展示している。

地図 →

この付近の観光ニュース →