流鏑馬に大きな歓声 盛大にさの秀郷まつり

下野新聞
2016年8月8日
勇壮な武者姿を披露した秀郷流流鏑馬

 【佐野】市最大の夏祭り「第24回さの秀郷まつり」が6、7の両日、佐野駅周辺で盛大に開かれた。流鏑馬(やぶさめ)や市民総踊り、みこし巡行などが催され、市中心部は多くの観光客や市民でにぎわった。

 6日は城東中に特設の馬場が設けられ、市にゆかりのある「秀郷流流鏑馬」が行われた。この流鏑馬は、藤原秀郷(ふじわらのひでさと)が泥臭い兵法に品格を備えた所作を付け加え作り上げたとされ、2008年から毎年行われている。

 会場には約1千人が詰め掛け、武者の勇ましい馬上姿を見守った。射手10人が約180メートルの馬場を駆け抜けながら次々と三つの的を当てると、大きな歓声が上がった。

 市役所前では恒例の市民総踊りが行われ、「さのまる音頭」「よさこい」「阿波踊り」などで盛り上がった。

地図

地図を開く 近くのニュース