なかがわ水遊園が15周年 大田原

下野新聞
2016年7月16日

 展示の柱の一つに「アマゾン川」を据え、淡水魚メーンの水族館として国内有数の規模を誇る県なかがわ水遊園の開園15周年記念式典が15日、大田原市佐良土の同園で行われた。地域の市町や住民などと連携して、多くの人々に支持されるまでになった歩みを振り返り、節目を祝った。

 同園は2001年に開園し、世界最大級の淡水魚ピラルクーをはじめ、約300種2万匹の生き物を展示。メイン施設「おもしろ魚館」の入館者は15年度末で約370万人に達した。

 式典では来賓を代表し福島泰夫(ふくしまやすお)那珂川町長が「県内屈指の観光施設で、地域活性化に大きな役割を果たしてきた」とたたえた。高橋啓一(たかはしけいいち)園長は「気持ちを新たにして地域に貢献できるよう努力していく」と述べた。

 また、ピラルクーを模した長さ約5メートルの竹工芸作品を同園に寄贈した同市の竹芸家八木沢正(やぎさわただし)さん(62)に感謝状が贈られた。

栃木県なかがわ水遊園|観光情報検索 | とちぎ旅ネット

動画

地図 →

この付近の観光ニュース →