茨城-稚内間、初運航 フジドリームエアラインズ

茨城新聞
2016年7月1日

茨城空港(小美玉市)と稚内(北海道)を結ぶ「フジドリームエアラインズ」(本社静岡市)のチャーター便が30日、初めて運航された。同社は静岡などを拠点とする地域航空会社で、茨城空港を含む首都圏乗り入れは初めて。同社の全10色ある機体の中から緑色の航空機が同日午後、お目見えし、ツアー客41人を乗せて稚内に飛び立った。

同便は、利尻島や礼文島、宗谷岬などを周遊する3泊4日の観光ツアーに利用され、3日にも運航される。航空機はエンブラエル社(ブラジル)製の76人乗りを使用する。茨城空港到着後、駐機場でセレモニーがあり、鎌田一郎県空港対策監や「いばらきスカイガイド」らが、機長や客室乗務員に花束を渡し、初運航を祝った。ツアー客らは「礼文島に行ってみたかった」「花を見るのが楽しみ」などと話し、航空機に乗り込んだ。

写真


地図

地図を開く 近くのニュース