偕楽園で梅の実落とし

茨城新聞
2016年6月10日

水戸市常磐町の偕楽園で9日、恒例の梅の実落としが始まった。今年は暖冬の影響で例年より着果が激減し、収量は10日までの2日間で昨年比約9割減の2トンほどになる見通し。

この日は梅雨空の下、作業員が朝から、梅の枝を竹ざおで揺すって実を落とし、籠に入れる収穫作業を行った。

県水戸土木事務所偕楽園公園課によると、今年は暖冬で開花が約2週間早まったことから受粉が進まず、例年に比べて実の付きが極端に少なかったという。

収穫した青梅は11日午前9時から、同市見川1丁目の偕楽園公園センターで販売する。

写真


地図

地図を開く 近くのニュース