自転車ジャパンカップの出場チーム発表 30回記念、栃木・宇都宮に世界のスター選手が集結

下野新聞
2023年9月14日

10月13~15日に宇都宮市で開かれるアジア最高位の自転車ロードレース「2023ジャパンカップサイクルロードレース」の記者発表会が13日、宇都宮市のライトキューブ宇都宮で開かれ、地元の宇都宮ブリッツェンをはじめとした国内外19の出場チームが明らかになった。

1992年から国際自転車競技連合(UCI)の認可を受けて開催され、今年は30回目の記念大会。世界トップカテゴリー「UCIワールドチーム」から過去最多の7チームが参戦する。

世界選手権の男子ロードレース2連覇の実績を持つジュリアン・アラフィリップ(ベルギー、スーダル・クイックステップ)やツール・ド・フランス通算4勝を誇るクリス・フルーム(イスラエル、イスラエル・プレミアテック)など多くのスター選手が集結する。

国内勢は、UCIアジアツアーチームランキング上位のチーム右京、キナンなど8チームが出場。

二つの開催都市枠にはブリッツェン、日本ナショナルチームが入り、前回同枠で出場したさいたま那須サンブレイブ(当時那須ブラーゼン)は今回出場しない。

記者発表会には実行委員会会長の佐藤栄一市長やブリッツェンの選手たちも出席。ブリッツェンの谷順成主将は「30回目の節目を迎えられ誇りに思う。僕らが活躍してホームを熱狂させたい」と意気込み、佐藤市長は「全世界の自転車ファンが夢中になる大会だと確信している」と力を込めた。

【ジャパンカップ出場チーム】
■UCIワールドチーム 
EFエデュケーション・イージーポスト(米国)
バーレーン・ヴィクトリアス(バーレーン)
コフィディス(フランス)
アンテルマルシェ・サーカス・ワンティ(ベルギー)
リドル・トレック(米国)
スーダル・クイックステップ(ベルギー)
チーム・ジェイコ・アルウラー(豪州)

■UCIプロチーム 
イスラエル・プレミアテック(イスラエル)
ロット・デスティニー(ベルギー)
チームノボノルディスク(米 国)

■UCIコンチネンタルチーム 
リュブリャナ・グスト・サンティック(スロベニア)

■国内コンチネンタルチーム
チーム右京
キナン
マトリックスパワータグ
ヴィクトワール広島
レバンテフジ静岡
愛三工業レーシングチーム
宇都宮ブリッツェン
日本ナショナルチーム

「ジャパンカップ」でほかの記事を検索