爽やかな香り夏限定で発売 石岡産、福来みかんでヨーグルト

茨城新聞
2016年5月25日

小美玉市山野の「空のえき そ・ら・ら」内にある小美玉ふるさと食品公社(額賀茂樹社長)は、石岡市八郷産の福来(ふくれ)みかんを使った商品「コンフィチュール&ヨーグルト 福来みかん」を夏限定で発売している。福来みかんの爽やかな香りを生かしたのが特徴。同公社はシリーズ商品も出していく予定。

商品は、小美玉産100%の生乳で作った無糖ヨーグルトに、福来みかんの皮をペースト状にしたコンフィチュール(ジャム)を載せた。

福来みかんは直径2、3センチと小さく、普通のミカンより酸味があり、皮の香りが強いのが特徴。コンフィチュールにして酸味を程よく抑え、ヨーグルトを包み込むことでさっぱりとした後味を楽しめる。カットレモンも入れアクセントにした。

商品は、国のブランド化支援制度を生かして開発。県畜産課、やさと観光果樹園組合などの協力で実現した。同食品公社の木村智信工場長は「暑い季節にぴったりの自信作。秋には福来みかんの飲むヨーグルトを計画している」と話した。

「コンフィチュール&ヨーグルト 福来みかん」は、230グラム入り、320円(税抜き)。そ・ら・ら▽茨城空港スカイアリーナ▽同公社美野里売店▽花木センター▽JA新ひたち野産地直売所みのり▽大地のめぐみ(石岡市)-の6カ所で販売中。

地図

地図を開く 近くのニュース