栽培難しい高山植物、メコノプシス特別展示 真岡

下野新聞
2016年5月20日

 【真岡】下籠谷の井頭公園花ちょう遊館の高山植物館で、初夏の企画展「青いケシの仲間たち展」が開かれている。ヒマラヤなど標高3千メートル以上に分布するケシ科の高山植物、メコノプシスを展示、来場者の目を楽しませている。6月13日まで。

 同館では1996年から、「ヒマラヤの青いケシ」として知られるメコノプシス・グランディスとメコノプシス・ベトニキフォリアを通年展示している。

 2010年度からは同館のバックヤードで、試験的にさまざまなメコノプシスの仲間を栽培。今回は、最大種の一つであるメコノプシス・ナパウレンシスなどの試験栽培に成功した5種類を含む7種類を展示している。

 夫婦で訪れた佐野市植野町、パート阿部美奈(あべみな)さん(40)は「花の色が淡くてかれん。初めて見ました」と興味深そうにシャッターを切っていた。

 入場料大人410円、小中高生200円。火曜休館。(問)同公園管理事務所0285・83・3121。


地図

地図を開く 近くのニュース