着物、人形 絹文化を堪能 日本絹の里

上毛新聞
2016年5月8日

県立日本絹の里の特別展「県作家協会展~絹文化に想いを寄せて~」が5月23日まで、高崎市金古町の同館で開かれている。同協会の13人の会員が手掛けた、本県絹文化と密接に関わる作品計115点が、来場者の目を引いている。
緻密に染め抜かれた江戸小紋の着物をはじめ、桑を背負った養蚕農家の女性をかたどった人形、繭の灰をうわぐすりに使った陶器など多彩な作品が並んだ=写真。作家が絹文化への思いをつづった文章も紹介されている。
会期中は作家のギャラリートークやワークショップが行われる日もある。問い合わせは同館(☎027・360・6300)へ。


地図

地図を開く 近くのニュース