オダギリさん、岸さんら喜び 高崎映画祭授賞式 30回目を記念茂木さんしのぶ

上毛新聞
2016年3月28日

ㅤ第30回高崎映画祭の授賞式が27日、高崎市の群馬音楽センターで開かれ、トロフィーと高崎名物の縁起だるまが各受賞者に贈られた。最優秀作品賞「野火」の塚本晋也監督、最優秀主演男優賞のオダギリジョーさん、第30回記念特別賞の岸恵子さんら受賞者14人が顔をそろえ、映画ファン約1500人の大きな歓声を浴びた。

ㅤ30回の節目に、映画祭を立ち上げた初代事務局代表の茂木正男さん(故人)をしのぶ声も聞こえた。塚本監督は、茂木さんが代表だった2005年に最優秀作品賞を受賞したことに触れ、「(茂木さんのような)素晴らしいディレクターが評価してくださり、うれしかった」と振り返った。事務局の志尾睦子プロデューサーは「茂木さんの『いい映画を地方でも』というコンセプトや思いを大切にしながら、今後も走り続けたい」と話した。
ㅤ映画祭は4月10日まで。期間中、シネマテークたかさきなど市内4会場で計58作品を上映する。

地図

地図を開く 近くのニュース