ロウバイ 甘い香り 板倉・雷電神社

上毛新聞
2016年1月18日

早春を告げる約350本のロウバイが、板倉町板倉の雷電神社(江森隆裕宮司)で見頃を迎えた。例年ならまだ咲き始めの時期だが、暖冬の影響もあってか今年はほぼ満開。鮮やかな黄色と甘い香りが境内を包み込んでいる=写真。
ロウバイは樹齢30年前後で、社殿を囲むように植えられている。日の光に照らされ黄色く輝く姿を、参拝客は熱心にカメラに収めていた。
年末年始の暖かさで、例年より2週間ほど開花が早まった。江森宮司は「今までにないぐらいの早さ。種類の違うロウバイを植えてあるので1月下旬ごろまでは楽しめそう」と話した。

地図

地図を開く 近くのニュース