【日光社参ウオーク】笑顔で健闘たたえ合う デイリー隊、日光着 6日は東照宮へ

下野新聞
2015年12月6日

 徳川歴代将軍が日光東照宮を参詣した道のりをたどる「日光社参ウオーク」で、7区間を区間ごとに歩く「デイリー隊コース」の6日目が5日行われた。宇都宮宿発の健脚コース(約30キロ)、大沢宿(日光市)発のチャレンジコース(約10キロ)に分かれ、計334人が今市宿(日光市)へと歩を進めた。最終日の6日は日光東照宮を目指す。

 ゴール地点の「日光街道ニコニコ本陣」では、たい焼きなどを販売する「富次郎」のどら焼き、そば屋「きすげの郷蕎粋庵(きょうすいあん)」のだし汁を使った雑煮が振る舞われた。

 このほか地元酒蔵の渡辺佐平商店と片山酒造の日本酒も提供された。参加者たちは雑煮などを味わいながら、笑顔で互いの健闘をたたえ合っていた。

動画

地図 →

この付近の観光ニュース →