名所や歴史スポット紹介 筑西市、散策用に観光マップ

茨城新聞
2015年11月26日

筑西市内の名所旧跡や歴史スポットなどを紹介した観光ガイドマップ「ちくせい魅力散策マップ」が完成した。来訪者に市内を散策するのに利用してもらおうと市が製作した。監修した「ちくせい観光ボランティアガイド協会」の諏訪光一会長は「近年は年間千人ほどを案内しており、使いやすいものをと内容を充実させた」とPRしている。
マップは「歴史と文化の街めぐり編」「下館祇園(ぎおん)まつりと社寺城跡編」「小栗判官と内外大神宮編」「明野ひまわりの里編」「梨の里関城と史跡めぐり編」の5種類があり、市内をエリアやテーマごとに分けた。それぞれ1万部ずつ作り、公共施設や店舗などで配布するほか、同協会の観光ガイドも使う。
今年6月ごろから同協会のメンバーらが編集作業を始め、完成にこぎ着けた。来年2月には完成記念の公募観光ツアーも開催予定という。
須藤茂市長は「市としてももっと観光PRに力を入れたい」と話した。

動画

地図 →

この付近の観光ニュース →