《ちょこっとグルメ》専用コーヒー豆でパフェ

上毛新聞
2019年11月18日

達乃珈琲堂(高崎市保渡田町)
☎027・335・6530

 県立土屋文明記念文学館の2階に8月に開店したカフェレストラン。学生時代にコーヒーに魅せられ、脱サラして開業した北神達也さん(43)=高崎市=が世界各国の厳選された豆を使い、8種類のこだわりの一杯を提供している。

 コーヒーとスイーツ好きにお薦めなのが「コーヒーパフェ」(968円)。焙煎(ばいせん)したパフェ専用のコーヒー豆で作った自家製ゼリーに、生クリームを使った手作りチーズケーキ、オリジナルジェラートとバニラアイス、表面を焦がした焼きバナナが入る。一つ一つこだわった素材が、グラスいっぱいに詰まっている。「パフェを食べるために来てくれる人もいる」という。

 北神さんは会社員をしながら、3年ほどキッチンカーで週末に県内を回ってドリップコーヒーを販売した経歴があり、コーヒーの本格店舗として軌道に乗せる考え。持ち帰り用の豆販売や、モーニング(8時半~11時)、ランチ(11~14時)のメニューも提供する。

 ▽営業 8時半~18時
 ▽定休日 火曜(文学館の休館日)
 ▽これもお薦め チーズ入りオムライス(968円)

「コーヒー」でほかの記事を検索 「パフェ」でほかの記事を検索