赤一面、深まる秋 ひたち海浜公園 コキア見頃

茨城新聞
2019年10月25日

ひたちなか市馬渡の国営ひたち海浜公園で、紅葉したコキアが丘一面に広がっている。「みはらしの丘」には約3万2000本が植えられており、膝丈ほどの丸い株が秋の深まりとともに緑から赤へと移り変わった。

同園によると、今年は残暑の影響で例年に比べ色づきが遅れた。見頃は今週末まで続くという。

24日は家族連れや団体客らが写真を撮るなどして赤く染まった丘の散策を楽しんでいた。家族3人で訪れた水戸市田谷町、会社員、山口敬祐さん(29)は「海と空とコキアのコントラストがいい。生後3カ月の娘と初めて観光地に来たので思い出になった」と笑顔で話した。

地図を開く 近くのニュース

「国営ひたち海浜公園」でほかの記事を検索