《茨ぱん》チャバタ パン工房マローネ(茨城町)

茨城新聞
2019年10月20日

イタリアの食卓で定番のパン「チャバタ」。茨城産小麦「ゆめかおり」と県産米粉をブレンドして仕上げた。もっちりとした食感で、小麦本来の味がしっかりと味わえる。

ポケットファームどきどき茨城町店の一角にある。一貫して国産小麦を主体としたパン作りを行う。チャバタは、西山重明店長(49)が、本場イタリアで習得した思い入れがあるパン。「どんな料理にも合う。塩やオリーブオイルを付けて食べるのもお勧め」と言う。週末になると、多い時で1日に70~80個飛ぶように売れていくほど人気が高い。西山さんは、製パンだけにとどまらず、より味わい深いパンを提供したいと、休日を利用し、北海道の小麦の産地に足を運んだりと、日頃から生産者とのコミュニケーションを取ることを心掛けている。

同工房には、直売所の新鮮な野菜や果物を使ったサンドイッチなどが並ぶ。豆乳入りの県産小麦100%の「茨城生食パン」は耳までしっとり柔らか。チャバタに北海道産の粒あんとバターを挟んだ「究極のあんバター」は、素材の良さが引き立つぜいたくな品。「種類の多さではなく『おいしい』と感じてもらえるパンを提供したい」

茨城町下土師字高山1945
定休は水曜日
営業日は午前9時半~午後4時半(土日祝日は午前9時半~午後5時)
(電)029(240)7777

地図を開く 近くのニュース
「茨ぱん」でほかの記事を検索