朝ごはん、関東ナンバー1に 那須塩原の「四季味亭ふじや」

下野新聞
2015年10月23日

 【那須塩原】上塩原の温泉旅館「四季味亭ふじや」の朝食メニューが、インターネット旅行サイト「楽天トラベル」主催の「朝ごはんフェスティバル(R)2015関東大会」で優勝した。同旅館でしか味わえない自家栽培の野菜などをふんだんに使った料理が評価された。ふじやをはじめ全国7地区の優勝施設は11月18日に都内の専門学校で開かれる全国大会に出場する。

 ふじやは、高原大根やホウレンソウなどの自家栽培野菜と自家製みそを使ったつみれ汁、那須御用卵を使った茶碗(ちゃわん)蒸しなどのメニューで大会に挑戦。審査員を務めた全日本調理師協会の神田川俊郎(かんだがわとしろう)名誉会長は「つみれ汁は野菜のだしがよく出ていた。丁寧にあくを取ったスープは、野菜の味が濃くなっておいしかった」などと絶賛した。

 同旅館の細井邦彦(ほそいくにひこ)板長(33)は「見た目はシンプルだが、いろいろな野菜からスープのだしを取り、奥深い味に仕上げた。それが優勝につながった」と話した。

 このほか県内からは、那須町高久甲の「リゾート菊ホテル」の那須和牛を使った牛めしが3位に入った。

地図

地図を開く 近くのニュース