オオハクチョウが飛来 大田原・羽田沼

下野新聞
2015年10月22日

 白鳥の飛来地として知られる大田原市羽田(はんだ)の羽田沼に21日朝、オオハクチョウ1羽が飛来した。初飛来は例年並みで、昨年と比べて5日早い。

 羽田沼白鳥を守る会の藤田一男(ふじたかずお)顧問(68)によると早朝、同沼から約1キロ離れた田んぼに飛来した後、同沼に移動したという。オオハクチョウは水面をゆったりと移動しながら、水中に頭を入れ餌を探したり、毛づくろいをしたりして長旅の疲れを癒やしていた。

 飛来数は今後増えていき、例年1月下旬~2月上旬ごろピークを迎える。昨年はコハクチョウと合わせ約300羽が飛来した。

地図

地図を開く 近くのニュース