バクの赤ちゃん 模様は半年限定 富岡・群馬サファリ

上毛新聞
2018年9月4日

21日に群馬サファリパーク(富岡市)で生まれたマレーバクの赤ちゃん、ヒナタ(オス)=写真=がすくすくと成長している。母親のワカバの後ろを付いて歩いたり、互いに顔を近づけてじゃれあうなど、かわいらしい姿を見ることができる。

マレーバクは絶滅危惧種に指定されており、同園での出産は初めて。ヒナタの全身はまだら模様だが、半年後には親と同じ白と黒に色分けされるという。飼育担当の山岡隼人さん(33)は「ヒナタは好奇心旺盛。優しく元気に育ってほしい」と見守っている。

地図

地図を開く 近くのニュース