茨城空港に韓国定期便 7年ぶり復活 LCCイースター 7月末から

茨城新聞
2018年6月6日

県は5日、茨城空港(小美玉市)に韓国の格安航空会社(LCC)イースター航空が就航すると発表した。茨城とソウル(仁川)を結ぶ定期便を、火、木、土曜日の週3便、7月31日からの予定で始める。同社は今年2~3月、茨城-ソウルのチャーター便を運航していた。茨城空港のソウル定期便は、開港時に就航していたアシアナ航空が2011年3月の東日本大震災直後に運休して以来、約7年ぶりの復活となる。

県空港対策課によると、運航ダイヤは1日1往復で、ソウル発午後2時(茨城着午後4時10分)▽茨城発午後5時10分(ソウル着午後7時40分)。機材はB737で、全席エコノミーの183~189席となる。

訪日観光客の増加と韓国内の個人旅行機運の高まりを受け、県は昨年8月、職員が訪韓して就航を働き掛けて同社への売り込みをスタート。大井川和彦知事がトップセールスを3回行うなど、同社との関係を深めていった。同社は今年2~3月、主に韓国からのツアー客を受け入れるチャーター便を運航し、搭乗率は平均95%を超え、ほぼ満席だったという。

就航記念セールとして、同社は座席数を限定した初便片道500円(燃油サーチャージなど除く)の販売を、6月18日午後2時からウェブで予約開始する。

大井川知事は同日の記者会見で「定期便は大きな意味がある。茨城の魅力を知ってもらい、韓国から逆に魅力が日本に伝わるようにしたい」と期待を寄せた。

同社の金(キム)ユサン専務は「茨城は観光資源が多い。知事をはじめ、県職員の献身的な努力と情熱を感じた」と就航理由を語った。

茨城空港は大震災と東京電力福島第1原発事故を契機に韓国定期便が休止となった経緯があるが、金専務は「正直に言えば心配はあった。適切な広報などを行えば大丈夫だと思う」と、韓国内での不安払拭(ふっしょく)に自信を示した。

イースター航空は2007年10月設立の独立系LCC。ソウルから日本国内には成田、関西、札幌(新千歳)、那覇、福岡、宮崎、鹿児島の7都市に就航。海外では中国、香港、台湾、タイなどの路線を持つ。

茨城空港の国際線定期便は現在、春秋航空の中国・上海便1路線のみで、タイガーエア台湾の台湾・台北便が10月までの期間限定で連続チャーター運航している。ソウル便が就航すれば定期便としては2路線目。国際線は短期で撤退した路線を含め、16年3~4月に一時最多計5便だったことがある。国内線は現在、スカイマークの神戸、札幌、那覇、福岡の4路線。

地図を開く 近くのニュース

「茨城空港」でほかの記事を検索