B2ロボッツ、勢い持続 岩手圧倒、12連勝

茨城新聞
2018年4月22日

バスケットボール男子のBリーグ2部(B2)は21日、岩手・盛岡タカヤアリーナなどで9試合が行われた。茨城ロボッツは岩手に76-54で圧勝し、連勝を12に伸ばしクラブ記録を更新した。通算成績は33勝21敗で中地区首位を守った。2位FE名古屋も勝ったため、ロボッツとFE名古屋のゲーム差は0のまま。

ロボッツは序盤から相手を圧倒し、第1クオーターから19点のリードを奪った。第3クオーターではわずかに追い上げられたが、終盤は真庭、フィッツパトリックらがシュートで得点を重ね、危なげなく逃げ切った。

■茨城ロボッツ・岡村SVC 前半で点差を開けた
試合の入りは決して良くはなかったが、前半で点差を開くことができた。後半は点差を意識することなく、自分たちのバスケットをするように伝えた。後半は守備面で課題が残ったが、しっかり修正していく。

(盛岡タカヤアリーナ、638人)
茨城 33勝21敗 76-54 岩手 7勝47敗
23-4
19-14
18-22
16-14

【写真説明】岩手-ロボッツ 第2クオーター、ロボッツのフィッツパトリックがシュートを放つ=岩手・盛岡タカヤアリーナ((c)B.LEAGUE)

地図

地図を開く 近くのニュース