海望む温泉にカフェ 北茨城 「湯かっぺ」完成

茨城新聞
2018年4月16日

韓国料理やチーズ料理のカフェなどを展開する「メイズムランド」(本社・北茨城市、村田源柱社長)は、北茨城市磯原町磯原の国道6号沿いに海の見える温泉施設「海の露天風呂・湯かっぺ」を完成し15日、関係者の内覧会が行われた。温浴とカフェの複合施設が18日にオープン。6月にはトレーラーハウスに宿泊できるキャンプ場を開設する。

同施設は、観光名所・二ツ島を望める国道沿いに立地。1階が鉄筋コンクリート造りのカフェで、2階が木造の温泉施設。敷地内には焼き肉や韓国料理の食堂「北いば名物食堂 よっこらしょっ」があり、店内の漫画本約1万冊は読み放題。

内覧会には行政や工事関係者などが出席。村田社長は「美しい海を眺めながらたくさんの笑顔を届けられるように頑張りたい」とあいさつした。温泉施設の営業時間は午前10時~午後10時。大人が平日750円、子供450円で、土・日・祝日は各100円増。問い合わせは「湯かっぺ」(電)0293(43)6496。 

地図

地図を開く 近くのニュース