スイセン 潮風揺れる ひたち海浜公園

茨城新聞
2018年3月16日

ひたちなか市馬渡の国営ひたち海浜公園で早咲きのスイセンが見頃を迎え、園内を鮮やかな黄色に染め、訪れた人たちの目を楽しませている。

西ゲート付近にあるスイセンの丘などには約2万1000本が咲き誇る。「タマラ」や「マンド」など大きなラッパ型の花が爽やかな潮風に揺れ、来園者たちは足を止め、写真を撮るなどして春の訪れを楽しんでいる。

家族などで訪れたひたちなか市田彦の前嶋真奈美さん(33)は「暖かくなったので久しぶりに来た。見事に咲く姿がきれい。黄色が空に映える」と話し、長男の一希(いつき)君(1)もにっこり。4月上旬頃からは約550品種、100万本のスイセンが見頃を迎える。 

地図を開く 近くのニュース
「国営ひたち海浜公園」でほかの記事を検索