茨城国体へ県民一丸 県庁で600日前イベント 12日まで

茨城新聞
2018年2月10日

2019年の茨城国体と全国障害者スポーツ大会の開催600日前イベントが9日、4日間の日程で始まり、県庁でオープニングセレモニーが開かれた。

大井川和彦知事はセレモニーで「両大会の成功に向けて県民一丸で頑張りたい」とあいさつ。日本郵便から両大会の記念切手が贈呈されたほか、同日スタートした県内施設を巡るスマートフォンを使ったスタンプラリーをPRした。

本県の非公認キャラクター「ねば~る君」も応援に駆け付けた。両大会を盛り上げる新しいサポートキャラクターとして、黄色い体の「ねばラッキー」が登場。両大会公式キャラクター「いばラッキー」と3体で夢の共演を果たし、会場を沸かせた。

イベントは12日まで。触れるアートやトランポリンの競技実演など多彩な催しが行われる。 

地図を開く 近くのニュース

「茨城国体」でほかの記事を検索