ゾウが書き初め 長い鼻で器用に「犬」

下野新聞
2018年1月3日

 【那須】高久乙の「那須サファリパーク」で2日、同園の雌のアジアゾウ「ブンミー」が書き初めに挑戦し、長い鼻を器用に使って、画用紙に今年の干支(えと)にちなんで「犬」の字をしたためた。

 書き初めは、芸達者なゾウと年末年始を祝おうと初めて企画。ブンミーは昨年12月初旬から練習を始め、同月30日から来場者の前で披露している。この日は、ゾウ使いの手助けを借りながらも鼻でつかんだ筆を丁寧に動かし、B4サイズの画用紙に書き上げると、来場者から拍手が送られた。 

 茨城県阿見町から家族6人と訪れ、書き初めをプレゼントされた主婦根本衿香(ねもとえりか)さん(22)は「器用に書けていて、ゾウは頭が良い動物だと思った。家に飾って、良い運を招きたい」と満足そうに話していた。書き初めは4日を除く8日まで、午前10時半から行われる予定。

写真


地図

地図を開く 近くのニュース