青に染まる湯けむり 糖尿病デー啓発 草津

上毛新聞
2017年11月17日

「世界糖尿病デー」の14日、県糖尿病対策推進会議は草津町の西の河原公園など県内4カ所を青くライトアップし、予防や治療を呼び掛けた。
世界糖尿病デーは2006年12月に国連総会で決議。啓発運動のシンボル「ブルーサークル(青い輪)」にちなんだ活動が全国各地で行われている。同公園では午後5時ごろから照明がつき、湯けむりや川となって流れる温泉を青く染めていた=写真。
ライトアップは同町の湯畑、高崎市の白衣観音と市総合保健センターでも行われた。白衣観音と同センターでは19日まで続く。

地図

地図を開く 近くのニュース