園内きらきら、音楽や香りも 県フラワーパーク

茨城新聞
2017年11月16日

夜の園内を光と音、香りで彩る県フラワーパーク(石岡市下青柳)の「ウインターイルミネーション」が15日、始まった。テーマは「バラの妖精が織りなす不思議な光の世界」。60万球の発光ダイオード(LED)を使い、光のフラワーカーペットや、長さ100メートルの光のトンネル「妖精の通りみち」など多彩な電飾が楽しめる。

「幸福の鐘」を鳴らすと、軽やかなメロディーとともに虹色の光が点灯し、入園口などを通る際にはバラの香りが噴射される。同日夕の点灯式では「恋人の聖地サテライト」選定記念のモニュメントがお披露目された。

クリスマスシーズンにはサンタクロースに扮(ふん)した職員が入園者を出迎える。

期間中は開園時間が延長され、入れ替え制となる。点灯時間は午後5~9時。来年1月14日まで。

写真


地図

地図を開く 近くのニュース