「献上柿」を厳選 石岡・八郷地区

茨城新聞
2017年11月14日

皇室に「献上柿」として届ける石岡市八郷地区特産の富有(ふゆう)柿の最終審査会が13日、同市柿岡の八郷総合支所で開かれた。事前に選ばれた180個の中から、今泉文彦市長や生産者ら6人が献上する72個を厳選した。市八郷柿振興協議会の上田佳幸会長らが14日、東宮御所、宮内庁に届ける。

審査会は、十三塚とJAやさと柿部会、マル園の3出荷組合で組織する同協議会が主催。今年の献上を担当するマル園組合の飯島浩二さんと鈴木裕一さん、富田光明さんの3人が丹精込めて育てた柿を持ち込み、色づきや形など一つ一つ見比べた。厳選の柿をネットで包み、きり箱に詰めた。

富有柿は「柿の女王」と呼ばれ、同地区の丘陵地で栽培が盛ん。1969年から毎年皇室に献上している。上田会長は「日照不足や台風など苦労が多い中、今年も良質の富有柿がお届けできる」と話した。

地図

地図を開く 近くのニュース