文学碑 動画で紹介 QRコード掲示 那須塩原の大正浪漫街道

下野新聞
2017年10月28日

 【那須塩原】紅葉に彩られた塩原渓谷で文学に親しんでもらおうと塩原温泉観光協会は27日、かつて塩原を訪れた文豪の文学碑3カ所に新たにQRコードを付けた表示板を設置し、スマートフォンなどで文学碑の紹介を動画で見られるサービスを始めた。QRコードのある文学碑は旧道「大正浪漫街道」沿いにあり、11月3日から同街道などを巡る文学散歩のほか、「連珠の滝」近くで野だてや琴の演奏会を行う予定。同観光協会は「紅葉の良い時期に、文学やお茶などで大正ロマンの雰囲気を味わってもらえたら」としている。

 大正浪漫街道は国道400号蟇(がま)石トンネルの両端につながる旧道で約1・3キロ。渓谷沿いで絶好の紅葉スポットになっている。

 街道の区間内に「金色夜叉」などで知られる尾崎紅葉(おざきこうよう)、塩原温泉に5度訪れている幸田露伴(こうだろはん)、「不如帰(ほととぎす)」などの著作がある徳富蘆花(とくとみろか)の文学碑が建立されており、近くに設置したQRコードから塩原文学研究会の千葉昭彦(ちばあきひこ)会長による碑についての説明を約3分間の動画で見ることができる。

 企画した同観光協会の坂内正明(さかうちまさあき)中長期活性化委員長は「文学碑だけでは理解できないことも多い。動画を見て文豪が愛した塩原をもっと知ってもらいたい」と狙いを話す。塩原には46の文学碑があり、今後順次QRコードを設置していく方針。

 11月3日から塩原文学研究会によるガイドツアー「文学散歩」(無料。3、4、5、11、12日)が行われるほか、徳富蘆花文学碑そばで「野だて」(200円。3~12日)、「琴の演奏会」(3、12日)なども行われる。

 (問)同観光協会0287・32・4000。

地図

地図を開く 近くのニュース