リンゴ狩りシーズン到来 大子町

茨城新聞
2015年10月1日

大子町でリンゴ狩りのシーズンを迎えた。各地のリンゴ園は真っ赤に熟したリンゴがたわわに実り、多くの観光客が訪れている。10月4日にはJA常陸特産物直売所・奥久慈でリンゴ祭が開かれ、いよいよ本格的な奥久慈リンゴのシーズンに入る。
 同町は43のリンゴ園があり、約70品種が栽培されている。現在は甘酸っぱい「秋映(あきばえ)」や「昂林」が旬を迎え、甘くて人気の「シナノスイート」も出始めた。
 奥久慈リンゴは樹木で完熟させて収穫するのが特長。JA常陸大子町りんご部会の塙正比古部会長は「ほかの産地に比べ格段にうまい。今年は平年より10日ぐらい収穫時期が早い」と話す。
 10月に入ると、蜜がたっぷりの「こうとく」や果汁あふれる「シナノゴールド」、酸味と甘みのバランスがいい「陽光」の時期となり、人気の「ふじ」が旬を迎える11月下旬まで、リンゴ狩りが楽しめる。
 リンゴ祭はリンゴ販売のほか、品種の紹介やリンゴ皮むき、目方当てなどのイベントが開かれる。

地図

地図を開く 近くのニュース