ウマい演技に歓声 宇都宮 馬事公苑を一般開放

下野新聞
2017年9月24日

 日本中央競馬会(JRA)は23日、宇都宮市砥上町の馬事公苑宇都宮事業所で「オープンデー」を開催した。多くの家族連れらがショーや乗馬体験などを通して馬との触れ合いを楽しんだ。

 “日本馬術の聖地”と称される同施設は東京五輪に向けた改修工事のため、今年1月、市内に移転。通常は人馬の養成や訓練が行われ一般開放していないが、施設に親しんでもらおうと初めて企画された。

 約2千人が来場し、乗馬や馬車の試乗体験などが人気を集めた。ショーでは馬がおじぎやスキップ、後ろ足でのバランスなどを次々に披露し、来場者から大きな歓声が上がっていた。

 父母と来場した同所、年中黒田凌平(くろだりょうへい)ちゃん(4)はポニーや元競走馬の頭をなで、「お馬さん大好き。大きくてかわいいな」と笑顔を見せていた。

写真


地図

地図を開く 近くのニュース