巨大カボチャずらり 常陸大宮重量、形競う

茨城新聞
2017年9月18日

カボチャの重量やユニークな形を競う「お化けカボチャコンテスト」が17日、常陸大宮市小舟の緒川物産センター「かざぐるま」で開かれ、巨大なカボチャがずらりと並んだ。

コンテストは同センターの納入者で組織する「かざぐるま出荷会」(栗田隆志会長)が、栽培技術や出荷意欲を高めるため実施し、52人が383個を出品した。

例年に比べ、大きなカボチャは少なく、栗田会長は「夏の日照不足、雨の影響で、カボチャが腐ったり、イノシシ被害もあった」と分析。それでも、最重量は80・65キロあり、栽培した檜山民人さん(71)は「100キロを超えなかったので不満はあるが、優勝できてうれしい」と話した。

形や色つやを競う「イケメン部門」、形の面白さを競う「ユーモア部門」の審査もあった。巨大カボチャは東京都江東区の都立夢の島熱帯植物園、ひたちなか市の国営ひたち海浜公園に展示される。

各部門の入賞者は次の通り。(敬称略)

◇重量 (2)田村元紀(3)森嶋扶美江(4)圷四郎(5)大武ます子(6)川野辺睦子◇イケメン (1)栗田恵美子(2)関谷好子(3)山崎澄子

◇ユーモア (1)関明(2)生田目力(3)大竹勝利

地図 →

この付近の観光ニュース →