秋の味覚、出荷始まる 笠間の栗

茨城新聞
2017年9月2日

秋の味覚、栗の出荷が全国屈指の生産量を誇る笠間市で始まった。同市湯崎のJA常陸栗選果場では1日、今季初めての選果作業に追われた。

丸い栗の実が選別機の上を移動する中、ひびが入るなどした規格外品を手作業で取り除き、M~4Lの5サイズに選別。10キロごとに箱詰めし、都内や関西方面、県内に送り出した。

同JAによると、昨年は台風などの影響を受け不作だったが、今年は平年並みに回復する見込み。

JA常陸笠間営農経済センターの飯村健一さん(40)は「8月の日照不足と長雨で品質が心配されたが、大きな影響はなさそう」と話した。 

地図

地図を開く 近くのニュース