花貫の自然 動植物観察 高萩で少年探検講座

茨城新聞
2017年8月16日

高萩市の少年探検講座「花貫の自然を探る」が、市内を流れる花貫川流域で行われた。市内の小学5年生44人が参加して流域の動植物や水生生物などの観察や水遊びを楽しんだ。

市内の豊かな自然に触れ、郷土の自然を大切にする心を学ぶことなどが目的。開講式後、同市大能の汐見滝つり橋下や同市秋山の慈眼寺橋付近で、野鳥や植物、水生生物などの観察を行った。花貫ダムも見学し、昼食には花貫ふるさと自然公園で焼きそばを作った。

花貫川流域での活動を終えた児童には講座修了書が贈られた。市立松岡小の上遠野椋羽さん(11)は「珍しい水生生物を見つけられず残念だったが、焼きそば作りは楽しかった」と笑顔を見せた。

主催の同市青少年相談員協議会の菊地啓正会長は「高萩の自然の豊かさ、保存に取り組む人たちの活動を知り、豊かな川を次世代に引き継いでもらいたい」と話した。 

地図

地図を開く 近くのニュース