和紙使ってうちわ作り ハラミュージアム 渋川

上毛新聞
2017年8月9日

和紙を使ってうちわを作るイベントが5、6の両日、渋川市のハラミュージアムアークで開かれ、来場者が個性あふれる逸品を作った=写真。
細かく折った和紙に赤、青、黄など好みの色の染料を染み込ませた。広げて見せ合い、「きれいな模様」「夏らしい色合い」と喜んだ。竹でできた骨組みに和紙を貼り付け、星やハートの形に切った和紙を加えるなどして仕上げた。
家族で作った佐藤まるなちゃん(5)=さいたま市=は「ハートを付けた虹色のうちわにした。毎日外で使いたい」とうれしそうだった。
19、20の両日も開く。問い合わせは同館(0279・24・6585)へ。

地図 →

この付近の観光ニュース →