鹿嶋市、マンホールカード配布 J1鹿島デザイン

茨城新聞
2017年8月1日

J1鹿島アントラーズのエンブレムを基調にデザインした鹿嶋市のマンホールふたが、全国的な広がりを見せる「マンホールカード」の仲間入りをした。1日から、同市粟生の鹿島のオフィシャルショップクラブハウス店で、カードの無料配布が始まる。

カードは下水道関連団体などでつくる「下水道広報プラットホーム(GKP)」(東京)が企画・監修している。同市は下水道事業PRの一環で、5月に鹿島のエンブレムをあしらったマンホールふたを鹿島のクラブハウスやカシマスタジアム(同市神向寺)の計3カ所に設置。併せてカード発行に向け準備を進めてきた。

カードは縦8・8センチ、横6・3センチ。表面にマンホール写真や位置座標、裏面はデザインの由来などを表記。鹿嶋市版は裏面に同スタジアムや鹿島神宮(同市宮中)の画像のほか、QRコードは市観光協会のホームページにつながる。

GKPによると、1日からのカード配布は第5弾。今回新たに全国の50自治体52種類が加わり、累計では191自治体222種類。発行枚数は約90万枚に上る。本県で鹿嶋は水戸、つくば、石岡(2種類)に次いで4自治体目。

カードはご当地ゆかりの豊富なデザインが楽しめ、多くのメディアに取り上げられるなどコレクションカードとしても人気が高まっている。市下水道課は「市と下水道のPRや観光にもつながれば」と導入に期待を寄せる。

市はカードを1万枚用意。クラブハウス店の配布時間は午前10時~午後6時。問い合わせは市下水道課(電)0299(82)2911。 

地図 →

この付近の観光ニュース →