「お前はまだグンマを知らない」先行上映 間宮さん、山本さんら4館で舞台あいさつ

上毛新聞
2017年7月16日

群馬を舞台に、過激なまでの郷土愛を描いた映画「劇場版 お前はまだグンマを知らない」が15日、全国公開に先立って県内4館で封切りされた。初日は主演の間宮祥太朗さんや山本博さん(邑楽町出身)ら出演者が4館を回って舞台あいさつし、“グンマ愛”あふれるトークで会場を沸かせた。
同日最後の舞台あいさつとなったイオンシネマ太田で、間宮さんは満員の客席に向かい「郷土愛あふれる『群馬あるある』を知り、県民に愛されている県だと分かった。群馬の人にいち早く見てもらえて幸せ」と凱旋(がいせん)上映の喜びを語った。
ヒロインを演じた馬場ふみかさんも「もっと群馬を知りたくなった。今度は草津温泉に行きたい」と笑顔。担任教師役で出演した山本さんは「グンマー代表として、作中では他県出身者は知らない『起立、注目、礼』のやり方を指導した」と力説し、笑いを誘った。本作で女優デビューした草津温泉のキャラクター「ゆもみちゃん」やぐんまちゃんも駆けつけ、ご当地映画の公開を祝った。
原作者で高崎市在住の漫画家、井田ヒロトさんは登壇しなかったが「グンマの秘めたる実力のほんの一端ではありますが、この映画で人々がグンマの真の姿を知り、ますます群馬が発展することを願います」とコメントを寄せた。
映画は、秘境と恐れられるグンマ県を舞台に、間宮さん演じる他県からの転校生が、同級生たちの強すぎる郷土愛に翻弄(ほんろう)される姿をギャグタッチで描いている。井田さんによる同名の人気コミックは7日に第8巻が発売され、累計60万部を超える。3月に日本テレビが実写版ドラマ(全4話)を関東圏で深夜に放送し、視聴率で健闘した。
映画は、未公開シーンなどを盛り込んだドラマの特別編集版。全国公開は22日から。

 

【写真】映画上映後、舞台あいさつする間宮さん(左から4人目)ら出演者

地図

地図を開く 近くのニュース