コルカリーノが新作かりんとう2種 ひたち海浜公園とコラボ

茨城新聞
2017年4月26日

かりんとう製造販売のコルカリーノ(牛久市女化町、染谷清賢社長)は、国営ひたち海浜公園(ひたちなか市)とコラボレーションし、ネモフィラをイメージした「瑠璃色かりんと」と、エスプレッソコーヒーを凝縮した「深煎(ふかいり)珈琲(コーヒー)かりんと」のかりんとうの新商品2種類を発売した。両商品とも園内の「レイクサイドカフェ」で販売している。

「瑠璃色かりんと」は、県産ブルーベリーを使用し、ほのかに甘酸っぱく、ネモフィラの優しい青をイメージさせる。ほろ苦さがある「深煎珈琲かりんと」は、コーヒー好きや甘い物が苦手な人向けの土産品として開発し、カフェのほか、「記念の森レストハウス」でも取り扱う。

また、同社は、「瑠璃色かりんと」を「薫るかりんとう瑠璃色ブルーベリー」の商品名で独自に販売。本社併設の直売所のほか、東京都品川区の目黒アトレで4月末まで販売。今後も常陸大宮市の道の駅常陸大宮・かわプラザ、東京・銀座の茨城マルシェなどで順次取り扱う予定。

染谷社長は「今後も伝統的なかりんとうの味をリメークして、『茨城のお土産』として発信していきたい」と意欲を見せた。

両商品とも50グラム、350円。オンラインショップでも購入可能。問い合わせは、同社(電)029(879)9996

地図 →

この付近の観光ニュース →