シダレザクラ、華麗 常陸太田・泉福寺

茨城新聞
2017年4月21日

常陸太田市大中町の泉福寺(野口謙治住職)で県指定天然記念物のシダレザクラが満開となった。流れるように咲く花が、訪れた人々の目を楽しませている。

サクラは高さ約20メートルで、幹から横に広がる枝ぶりが特徴。樹齢約300年の古木で、3月には傷んだ枝を落とすなど、樹勢回復のための手入れも行われた。

今年は開花、満開とも例年より10日ほど遅れ、花も少なめだという。野口住職(54)は「新しい枝も伸びてきている。来年はたくさん花をつけてくれるのでは」と話した。見頃は23日ごろまで。

地図 →

この付近の観光ニュース →