あでやか 那珂でシダレザクラ見頃

茨城新聞
2017年4月8日

那珂市額田南郷の親鸞直系の名刹(めいさつ)、阿弥陀寺で、シダレザクラが咲き誇り、見頃になっている。

シダレザクラは、寺の山門をしのぐ約20メートルの高さの巨木。明治時代に再建された本堂と山門の間にある。

山門を背に見上げると、花が四度の滝のように迫って圧巻の迫力。あでやかなしだれの様が見物の市民らを圧倒している。地元では徳川光圀お手植えの桜とも伝わり、樹齢320年とされている。

7日午後には近隣から見物客が集まり、スマートホンの端末で撮影したり、じっと桜花の風情を楽しんだり。出店も出てにぎわった。10日までライトアップ(夕方から午後9時まで、雨天中止)も実施されている。

地図

地図を開く 近くのニュース