とちのきファミリーランドのSL わんぱく公園に移設

下野新聞
2017年4月6日

 宇都宮市西川田地区の総合スポーツゾーン整備事業に伴い県は10、11の両日、県総合運動公園内のとちのきファミリーランドにある蒸気機関車(SL)を壬生町国谷のとちぎわんぱく公園に移設する。

 移設場所は同公園の南入り口付近で、みぶハイウェーパークも隣接することから、県は両施設の利用者増などを期待している。

 1938年に製造されたSLはC58型で全長18・275メートル。41年から68年まで運行し、翌年に同所へ設置された。以後、多くの来場者に親しまれてきた。

 新スタジアムへ通じるアプローチ整備のため移設される。整備に伴い、ファミリーランドの一部遊具が移転もしくは撤去される可能性があるという。一方、移設後のSLには駅舎風の囲いが設けられるという。

 県都市整備課は「新たな公園のシンボルとして末永く愛されるものになれば」と話した。

地図 →

この付近の観光ニュース →