宇都宮で開花宣言 見頃は週末

下野新聞
2017年4月4日

 宇都宮地方気象台は3日、宇都宮市で桜(ソメイヨシノ)が開花したと発表した。平年より2日遅く、昨年より6日遅い。

 開花は同日午後1時ごろ、同気象台敷地内(明保野町)にある標本木で、5、6輪咲いているのを職員が確認した。

 新川沿いの桜並木では、日当たりのいい場所で開花が始まったばかり。

 同市出身で米国・ロサンゼルス市、弁護士斉藤(さいとう)さくらさん(28)は「新川の桜が見たくて帰国しました。咲き始めもきれいですね」と話していた。同市内の見頃は、今週末になりそうだ。

地図

地図を開く 近くのニュース