ハクチョウ北へ舞う 館林・邑楽

上毛新聞
2017年3月15日

冬の終わりを告げるハクチョウの「北帰行」が、館林市と邑楽町にまたがる多々良沼などで終盤に差し掛かっている。白い羽を広げた“冬の使者”が、故郷のシベリアへ次々と飛び立っている=写真。
多々良沼白鳥を守る会(上野秀雄会長)によると、ハクチョウは越冬のため、昨年12月下旬から飛来。最大で約200羽が確認された。北帰行は2月下旬から始まり、12日現在で54羽が残っている。地元団体が沼周辺のヨシ焼きを行う15日には、ほとんどのハクチョウが旅立つ見込み。

地図

地図を開く 近くのニュース