ナマズで町おこし 埼玉で初サミット 板倉など6市町

上毛新聞
2017年2月20日

ナマズを生かした町おこしを進める自治体と観光協会による初の「全国なまずサミット」が18日、埼玉県吉川市の市民交流センターで開かれた。川魚料理を名物とする板倉町など6市町が参加し、魅力や今後の展望を議論した。
栗原実町長は観光名所の雷電神社(同町板倉)に祭ってあるナマズの銅像を取り上げ、「なでると地震をよけ、自信が付くという言い伝えがある」と紹介した。ナマズのハンバーガーを売り出す茨城県行方市、「なまずまつり」を開催する岐阜県羽島市、嬉野温泉観光協会(佐賀県嬉野市)も参加し、それぞれナマズとの関わりや歴史に触れ、ナマズ料理の認知度向上の必要性などを議論した。
吉川市の中原恵人市長は「食、文化、信仰など、さまざまな視点でナマズを捉えることで、町おこしをより全国に広げていきたい」とあいさつした。

 

【写真】「全国なまずサミット」で意見交換するシンポジウムの参加者

地図 →

この付近の観光ニュース →

群馬

春の田 青い苗の列 板倉

約660m
群馬

甘いイチゴ 家族で収穫 コープぐんま体験ツアー 館林

約3.8km
群馬

ヤツガシラ飛来、愛好家も大集結 館林

約5.5km
群馬

ツツジ鮮やか 館林

約5.5km
栃木
群馬

3県境 歩いて知ろう 板倉町、加須市、栃木市 スタンプラリー

約5.9km
茨城
栃木
群馬

渡良瀬遊水地でヨシ焼き 春告げる雄大な炎

約6km