東武スペーシア9日ぶり雄姿 鬼怒川、日光線全線運行

下野新聞
2015年9月19日

 記録的な大雨の影響で9日夜から全線運休が続いていた東武鬼怒川線と、一部が区間運休していた東武日光線の運行が18日午後、全線で再開され、9日ぶりにほぼ通常ダイヤに戻った。初日は浅草発の特急スペーシア計7本が日光、鬼怒川温泉両駅に乗り入れ、19日からの大型連休、シルバーウイーク(SW)に間に合った。

 ことしは日並びの関係から24、25両日を休めば土日を含め最大9連休となる。こうしたSWは6年ぶり。

 友人とスペーシアで鬼怒川温泉駅に着いた東京都文京区、会社員吉村紅美(よしむらくみ)さん(34)は「18日から1泊2日でホテルの予約を入れていたが、大雨で電車の運休が続き、再予約とキャンセルを繰り返した。鬼怒川温泉でゆっくりしたい」と笑顔をみせた。

地図 →

この付近の観光ニュース →