日立の観光PRへ さくらメイツ3人決定

茨城新聞
2017年2月13日

日立市の観光PRなどを担う「日立さくらメイツ」の審査会が12日、日立シビックセンターで開かれ、新たな観光大使3人が決まった。18~29歳の女性24人が応募し、小沢香澄さん(22)、小泉安里さん(20)、田所沙也佳さん(20)が選ばれた。市内で4月8、9日に行われる「日立さくらまつり」でデビューする。

3人とも日立市出身で、小沢さんは「茨城といえば『水戸・つくば』だけでなく、日立と言われるようにPRしていきたい」、小泉さんは「まずは日立市民に日立を好きになってもらい、そこから市外、県外、世界へ発信してもらえるように頑張りたい」、田所さんは「日立には海も山もある。日立のいい所を積極的にアピールしていきたい」と抱負。

任期は4月1日から2019年3月末までの2年間。県内外の観光キャンペーンやイベントに参加し、日立の魅力を広く発信する。さくらメイツは計5人で、メンバーが一度に入れ替わらないように毎年2人と3人に分けて選考している。 

地図 →

この付近の観光ニュース →