奥日光のかまくらライトアップ、「雪灯里」始まる 白銀彩る幻想的な光

下野新聞
2017年2月7日

 奥日光の夜を彩るライトアップイベント「雪灯里(ゆきあかり)」が6日夜、日光市湯元の湯元園地で開幕した。約500個のミニかまくらに明かりがともされ、雪と光の幻想的な雰囲気を醸し出している。12日まで。

 「日本夜景遺産」に認定されている「奥日光湯元温泉雪まつり」の中心行事。昨年まで著名な夜景評論家が制作を指揮したが、今年は地元関係者だけでイベントを作り上げた。

 この日の会場周辺は昼すぎから本格的に雪が降り、関係者は約40センチのミニかまくらに積もる雪を払う作業に追われた。午後5時に電飾が点灯すると会場は柔らかな光に包まれ、見物客たちが散策を楽しんだ。

写真

ミニかまくらに光がともり幻想的に浮かび上がった「雪灯里」会場=6日午後5時40分、日光市湯元、永嶌理絵撮影

地図

地図を開く 近くのニュース